FC2ブログ

ジョリーフォニックスのee,owよりも

日本人の子はあまりロバって
なじみが無い。
海外だと目を隠してロバのしっぽをつける遊びが
定番だけど
日本人の子にジョリーフォニックスでee,owって

教えてもピンとこないんじゃないだろうか?

私はこっちの掛け声の方が良いような気がする
ai, ay, ow!
ei.jpg

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村
#フォニックス #ジョリーフォニックス #礼儀正しい母音
スポンサーサイト



つい続きを歌いたくなる

マジックeのルールは生徒に
mpiの歌の動画を見てもらっています。
この歌に関してはフォニクスチャンツのテキストを使うよりも
動画の方がお勧め。

動画を見てからクイズ式に聞いていきます。
何が出てきた?
覚えているのは何?

そして全部思い出せなかったら
最後、動画を見ます。

それでも忘れがちになるのがこのルール。

そんな時はこの歌の
”aをそのままaと読んで”まで私が歌うと
大抵の場合生徒が
”マジックeは音が無い”って歌ってくれます。
動画のこの子どもたちの声がとてもかわいくて~!

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

礼儀正しい母音はバナナ?

mpiのActive Phonicsの本をばらばらめくっていたら
思い出したのが
バナナ、りんご、さくらんぼ

礼儀正しい母音にはバナナ
短母音はりんご
マジックeはさくらんぼをかく
(アルファベット読みする母音と最後のeを丸く囲う)

ルールを見つけて共通の形で囲むactivityだったが
ずっと忘れていたのは
ずっと使っていなかったから。

さくらんぼは良いとして
eaの上にバナナを書いてしまうと
文字が読みずらくなるのが難点だったのと
短母音がりんごだと全部 aと音をだしてしまいそうで
このルールに果物の印をつけるアクティビティはすっかり忘れていた

そもそも礼儀正しい母音のルールって
多すぎて子供には覚えずらいし
フォニックスの歌も長すぎて覚えるのに大変

結論としては、わかりやすい物から少しずつ教えるです!
バナナは使いません
違う音なのに同じバナナにする事に違和感を感じます。

一番簡単だと感じるのが ee,ea.
その次がoa,ow.
ai,ay

ジョリーフォニックスではai,oaを最初に教えて後からay,owを教えるみたいですが
私は最初から両方を教えてあげた方が混乱しないと思います。

そこでやはり便利だなと感じるのがこの文字こう出すカード。
教えたい順番にカードをならべ復習や宿題に出す事が出来るので便利です。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村<
#フォニックス #礼儀正しい母音 #この文字こう出すカード #ここカード

とことん、使い倒す

幼児クラスや小学生で使っているのが
mpiの英会話たいそう

英語の九九みたいな歌です

読んでいるのではなく
低学年の子たちは覚えているだけでしょう。

最近は復習がてら
フォニックスのルールさがしをしたりしています。
クラスによって探すルールはレベル別です。
マジックeをさがす時もあれば
ay、aiをさがすときも。

eatのeaと同じ発音のeaさがしなんて
やってみると
ea なのに エと発音している単語を発見するわけです。
Go ahead.
Are you ready?
”え?イ~って音じゃないねぇ”
先生からこれはこういうルールです!って教わるよりは
なんだか自分で発見した気分ですよね。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

#フォニックス #英会話たいそう #mpi


 

ハードルをさげてあげる

今、中1から中3の生徒たちが
英検準2級の勉強をしていますが
やはり、いきなり過去問を解くのは難しいと感じる学年も

ハードルを下げるために
漫画の様なワークシートを作成し
ワークシートをやってから
再度、過去問を解かせます。

それでも、難しい単語は
覚えていなかったりしますが
”あのイラストがついていた単語を覚えている?”と
聞くと”あ~!あれか”と思いだしてくれます。

問題を2回解いてもそれでも全部は覚えられません。

ポイントになるセンテンスをイラスト入りのカードにし
カードゲームで反復練習します。

ここまでやると80%ぐらいは覚える事ができます。

覚えられなかったものは宿題にしますが
塾の宿題から比べればかなり少ない方でしょう。

通って来ている生徒は
”いつの間にか覚えた”私は英語ができる!と
思っているんじゃないかな。

にほんブログ村 英語ブログ 子供英語教室へ
にほんブログ村

プロフィール

kazuko

Author:kazuko
メイン講師:野村和子

ニューヨーク州立大学卒

埼玉県で初めて親子英語サークルを立ち上げ、アルクの「子ども英語子育てQ&A 100」に英語子育てに関する取材記事が掲載されました。

平成15年に小学校英語指導者資格を取得し、文部省補助事業のハローキッズ講師を担当しました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR